LTE-Advancedのキャリアアグリゲーション!本当の第4世代通信技術の姿

このページではLTE-Advancedといわれている本来の第4世代データ通信技術について解説していきたいと思います。

スマネコ
現在使われているLTEは実は本当のLTEではなく3.9世代なんだよね。本当の4.0世代のLTEはどんな仕組みになっているの
スマ犬
そうだね。このページでは本来のLTE第4世代がどんな高速化技術を使っているのか見ていこう。

LTE-Advancedとは

LTE-Advancedとは本来の第4世代の通信規格で3.5世代から大幅に高速化されているデータ通信規格です。これは国際電気通信連合の無線通信部門が策定したimtAdvancedの一つであるLTE-Advancedで2014年から国内でも導入され始めています。

LTE-AdvancedLTEとも呼ばれていてこれからLTE-B, LTE-Xと進んでいき段階的に普及していくということが決められています。

LTEのデータ通信速度は最大150Mbps、LTE-Advancedでは2015年から導入されているドコモの通信規格が最大225Mbpsさらに300Mbps、1Gbpsを超える高速化が行われていきます。LTEの高速化技術にはキャリアアグリゲーションや MIMO、高周波数帯域を使用といった技術が導入されています。一つ一つ見ていきましょう。

キャリアアグリゲーション

スマネコ
キャリアアグリゲーションはスマホに詳しい人たちが時々使っている言葉だよね。どういう意味なのかな。

スマ犬
キャリアアグリゲーションはデータ高速通信するためのメインの技術といってもいいぐらいだよ。

キャリアアグリゲーションはCAとも省略されていますが、電波を束ねて太くして一度に一気にデータを送信することができる高速化技術です。電波が通信する時に利用する通信路の幅の事を帯域幅バンド幅などといいMHzで表現します。

分かりやすく説明する方法として車道の数が2本より4本の方が一気に車が行き来できるということは表されますが、それと同じです。

三世代では固定で5MHが使われますが、LTEでは最大20MHという3世代の4倍データ通信をすることができます。従来は5MHを2本使って10GHzで通信したり10Mhz10Mhzで20Mhzの帯域幅を使って高速化を図るなどこれまでもキャリアアグリゲーションを行うことがありました。

キャリアアグリゲーションは異なる周波数でも束ねることで広い帯域を使ってデータ通信しているかのように実現できる通信技術です。

auのキャリアアグリゲーション

携帯電話の通信網はドコモauソフトバンクがそれぞれ持っていますが、最初にキャリアアグリゲーションを実現したのはauでした。auは2014年5月から2GHzで使用している75Mbpsの通信と800Mhz帯で使っている75Mbpsもデータを束ねて150Mbpsの速度を実現しました。

送信する際は最大25Mbpsあくまでも理論値ですが、これまでの2倍の速度を実現しました。またキャリアアグリゲーションは全ての端末で使えるわけではなくキャリアアグリゲーション対応の端末を使わないと行けません。

またキャリアアグリゲーションに対応している対応エリアで使わないといけません。iPhoneのシリーズではiPhone6からiPadではiPadAir2からキャリアアグリゲーションに対応しています。

出典:au

スマネコ
なるほどキャリアアグリゲーションは連続していない複数の周波対応まとめて使うことで高速化を図る技術なんだね。
スマ犬
そうだね。使用できる周波数が分断されていてもキャリアアグリゲーションを使うことで一本の帯域幅のように使うことができるんだ。

ソフトバンクやドコモのキャリアアグリゲーション

ソフトバンクではソフトバンク4G LTEとSoftBank 4G AXGP LTEサービスを行っています。

SoftBank4GはワイヤレスシティプランニングのMVNOでAXGPという技術が使われています。XGPというのはアドバンスドXGPの省略のことでPHSで使われていたXGPを拡張したものです。

これはPHSのウィルコムウィルコムのXGPように割り当てられていた2.5GHz帯を使って行なっているものです。LTEといわれていてクロッシーやソフトバンク4G LTEで使われているFDD-LTEとは異なっているものです。ソフトバンクは2014年9月から最大110Mbpsのキャリアアグリゲーションを導入していて最大165Mbpsに引き上げています。iPhone6以降で利用できます。

またソフトバンクの4G LTE FDD-LTEも2015年にキャリアアグリゲーション導入して187Mbpsに引き上げると発表しています。

スマネコ
各社とも2014年以降キャリアアグリゲーションを発表していてどんどん高速化しているんだね。
スマ犬
そうだね。キャリアアグリゲーションを実現すれば一般的に速度が速くなるよだけど対応している地域と端末に注意しないといけないね。
スマネコ
iPhone5Sなどでは高速化技術の恩恵を被れないんだ

キャリアアグリゲーションのまとめ

  • キャリアアグリゲーションは高速化技術の一つ
  • 分割された帯域幅を複数まとめて一本の帯域幅のように使える
  • 2014年から大手キャリアが導入を開始
  • キャリアアグリゲーションは対応エリアで対応端末を使うことが必要
  • 端末の対応と対応エリアが必要

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする